骨盤の重要性

毎日暑い日が続きますね^^;
皆様体調は大丈夫でしょうか?

暑すぎても寒すぎても運動量って減ってしまいますよね。
暑くても体調を維持するためには適度な運動が必要です。
暑さに負けず適度に身体を動かして行きましょう♪

さあ、今日は骨盤のお話です。
ピラティスではこの骨盤がとても重要になります。
約1時間のエクササイズ中にもこの骨盤という言葉が何十回とでてきます。

では骨盤とはなんなんでしょう?

ダウンロード (4)
http://arpilates.net/wp-admin/edit.php
ぜんぶわかる筋肉・関節の動きとしくみ事典より。

福岡市中央区薬院のピラティス・スタジオ AR Pilates。
地下鉄七隈線『薬院大通り駅』より徒歩1分
アクセス
営業時間
月~金 9:00-17:00(その他の時間は相談可)
土・日・祝日定休日
お問い合わせはこちら

腸骨・坐骨・恥骨の3つが結合した寛骨と仙骨・尾骨で厚生される盤上の骨が骨盤です。
身体の体幹部分と脚をつなぎ身体の中心部分です。
また骨盤の中には膀胱・子宮・直腸がありこれらを守ってくれているわけです。
また仙骨が背骨(腰椎)とつながっているので、この骨盤の位置によって姿勢が大きく変化するのです。
なので骨盤のアライメントはとても重要なんですよ~。
続きはまた次回(^^)

大殿筋(だいでんきん)をピラティスでトレーニング!

ダウンロード (27)

上の写真は大殿筋です。
7月8月は『お尻から太ももそして内ももを鍛え、美しい脚のラインを!』をテーマにレッスンを行います。
このテーマの中で重要な筋肉の一つが大殿筋です。

では大殿筋とはどこにある筋肉でしょうか?
答えはお尻です(^^)

人の身体において最も重たい筋肉であり、お尻の大部分を占めている筋肉です。
なのでこの筋肉が衰えると・・・お尻が垂れ下がりハリのないお尻になってしまいます。
そして見た目もさることながら機能的にもとても大事な筋肉なのです。

さあ、大殿筋を鍛える前に大殿筋を詳しく知りましょう!
筋肉を詳しく知ることで、トレーニング効果・ストレッチ効果・モチベーションもあがるのです!

まずは身体のどの部分に付き、筋繊維がどのように走っているかを考えなければなりません。
簡単にいうと腸骨、仙骨・尾骨の後面~大腿骨(太ももの骨)上部外側についています。
筋繊維は右の大殿筋は左上→右下に走っています。

ということは、トレーニングでは繊維走行に対して縮めるように筋肉を働かせればよいし、ストレッチでは繊維走行方向へ引き伸ばすようにすればよいのです(^^)

次に機能です。

大殿筋は股関節を外に回し(外旋)お尻に対して脚を後ろに引くような動作で活動します。
日常生活で考えると走ったり、山を登ったり、かがんだりする動作で強く活動します。
歩く動作では大殿筋の活動は10%程度ですよ~。
皆さん日常生活でこの筋肉を鍛える動作をどの程度やっていますか
なかなか厳しいのが現実ですよね~。

ピラティスでしっかりとこの筋肉を鍛えて行きましょう!
骨盤につく大殿筋は、骨盤のアライメントも重要になりますし、拮抗筋である腸腰筋も同時に鍛えていく必要があります。
レッスンではアライメントをしっかりと整えバランスよくトレーニングをして行きます。
スタジオでお待ちしていま~す。

福岡市中央区薬院のピラティス・スタジオ AR Pilates。
地下鉄七隈線『薬院大通り駅』より徒歩1分
アクセス
営業時間
月~金 9:00-17:00(その他の時間は相談可)
土・日・祝日定休日
お問い合わせはこちら